Pay de cashless!

キャッシュレスオタクの管理人がモバイル決済サービスを分かりやすく紹介していきます

7月から開始したファミペイとは?使い方から使うメリット、デメリットを紹介!

ファミペイってどんなサービスなの?ファミペイを使うとどんないいことがあるの?

そんな疑問に答えます。

ファミペイは、2019年7月からファミリーマートで開始したのファミリーマート独自の電子マネーサービスです。

クーポンもポイントも決済も。毎日のお買い物を便利で楽しくするオールインワンアプリ

出典:ファミリーマート

をコンセプトに運営され、クーポンも決済もポイントも全てがワンセットで済むサービスを目指して展開されるようです。

同じくコンビニの電子マネーアプリといえば7月からセブンイレブンでは、7Payのサービス開始が予定されています。

7Payについての紹介はこちら

www.paydecashless.com

 

それでは、詳しく紹介していきます。

 

ファミペイとは?【ファミリーマートで使える電子マネーサービスです】

ファミペイとはなにかを表すイメージ画像

ファミペイとは2019年7月にサービス開始したファミリーマートで使える電子マネーサービスです。

クーポンやポイントから決済までもがこのファミペイで済むそんなサービス

今までファミリーマートでは、お金を支払うのと別にアプリを使いファミポートでクーポンを発行し、Tポイントカードを提示してポイントを貯めるといった多くの手間がかかっていましたが、ファミペイが出来れば手間が省けてスマートに買い物できそうです。

ファミリーマートは、アプリの使いやすさやファミペイアプリで全てが揃うオールインワンアプリを重視して開発を進めているようです。

使いやすいユーザーインターフェイスになることを期待ですね。

簡単にまとめるとスマホ決済アプリにポイントカード機能、クーポン発行機能が付いたものです。

 

ファミペイは、ファミリーマートの他ネット通販サイトであるKaema(カエマ)でも使う事が出来きます。

Kaema(カエマ)では、ファミペイを使って決済すると、ほとんどの商品を特別割引価格で買う事が出来ます。

またファミペイ払い限定セール(最大半額)も開催されのでファミペイを持っていることでファミリーマートだけでは、なくKaema(カエマ)もお得に使う事が可能です。

ファミペイとFamiPayの違いは?

当サイトでは、ファミペイとカタカナ表記でサービスを紹介していますがファミペイを運営しているファミリーマートでは、カタカナ表記と英字表記を使い分けているのでここで少し紹介します。

簡単に紹介すると次の通りです。

ファミペイ→スマホアプリ機能、サービスの総称
FamiPay→決済機能の名前

ファミペイは、アプリ全体の名前を表しています。実際に電子マネーで決済できる機能の名前です。

公式解説の図が分かりやすいので引用させていただきます。

f:id:cashlesstarou:20190701005958p:plain

出典:クーポンもポイントも決済も。毎日のお買い物を便利で楽しくするオールインワンアプリ「ファミペイ」誕生  ~バーコード決済「FamiPay」も同時に利用可能に~|ファミリーマート|ニュースリリース

といった感じになっています。

決済機能の名前がFamiPayと英字表記その他、会員証機能などは、ファミペイでカタカナ表記と覚えておけば理解しやすいかと思います。

少しわかりずらいですが覚えておかないとキャンペーン時に混乱してしまうので気を付けておいてください。

 

ァミペイの詳しい登録方法は、こちらで詳しく解説しています。

www.paydecashless.com

 

ファミペイはいつから使えるの?【ファミペイは7月から開始しました】

ファミペイは、6月時点では2019年7月からサービス開始しました。過去のファミリーマートアプリをリニューアルという形でサービス開始しました。

出典:ファミリーマートアプリT会員限定サービス終了のお知らせ|カード・ポイント|ファミリーマート

全国にあるファミリーマート17000店舗で利用できます。

ファミペイのサービス開始に伴いファミマTカード(ポイントカード)の店舗発行が5月31日時点で終了しました。

ファミマTカード

このようなファミマで発行されいるTカードです。現在このTカードを提示することで割り引きになる商品があったりします。

今後は、ファミペイアプリを持っていることで安くなると考えられます。 

公式サイトからファミマTカードの現時点での特典についてのことが発表されていました。

ファミペイが出たことでファミマTカードを持つメリットが無くなったようです。

詳しくは、公式画像、公式サイトを参考にしてください。公式サイト→ファミマTカードおよびTカード会員限定特典について|カード・ポイント|ファミリーマート

f:id:cashlesstarou:20190621230720j:plain

出典:ファミマTカードおよびTカード会員限定特典について|カード・ポイント|ファミリーマート

 

またファミペイサービス開始に伴いファミリーマートアプリT会員限定サービスが終了するようです。

 ファミペイの還元率は?【0.5%です。】

ファミペイでの支払い還元率は、0.5%です。200円で1ボーナス(1円相当)が付与されます。

しかし、ファミペイ以外のモバイル決済アプリを使用できるファミリーマートでは、ファミペイでもポイント還元などを行われないと普及率が上がらないと考えられるので何かしらの還元は、あるでしょう。

現在ファミリーマートで使用できるモバイル決済は、LinePayを覗いてどれも還元率が0.5〜1%なのでファミペイも0.5%もしくは、1%の還元率が予想されます。

ファミペイは、1つのバーコードでポイント付与と支払いが可能なので、「ファミペイでの支払いでTポイント2倍」など、ポイントアップでの還元も予想できます。

 

ファミペイの使い方は?

ファミペイを使うためには、アプリをダウンロードする必要があります。

現在ファミリーマートアプリという名前のファミリーマートのアプリがあります。

ファミペイアプリ

ファミペイアプリ

FamilyMart Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

このファミリーマートアプリが7月ファミペイアプリにリニューアルされる様です。

会員登録の必要があるかどうかは、現時点ではわかっていません。

しかし、お金や個人情報を扱う必要があるサービスなので会員登録は、必要になりそうです。

ファミペイにチャージする方法は?

ファミペイは、事前チャージ式の電子マネーなのでお金をチャージする必要があります。

チャージする方法の情報が少し出ていたので紹介。

  • 店頭で現金を使いチャージ
  • クレジットカードでチャージ(ファミマグループ会社発行の物に限る)
  • 銀行口座からチャージ(秋から)

以上の3つがチャージする方法になります。

クレジットカードからのチャージがグループ会社発行の物だけというのは、かなり利便性を損ないそうです。

特に銀行口座からのチャージが開始する秋までは、とても不便になってしまいそうです。

詳細が分かりしだい、チャージ方法を詳しく書いていこうと思います。

参考記事→ファミリーマート新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦略:日経クロストレンド

ファミペイを使ってお金を支払う方法

バーコード決済しているイメージ画像

ファミペイは、バーコードを使ったバーコード決済が採用されています。

バーコード決済は、line payやPay Payでも使用されている決済方法でアプリ上で表示させたバーコードを店員さんが読み取るだけなので簡単に決済することができます。

ファミペイの使い方
  1. 店員さんにファミペイで支払いたい事を伝えます。
  2. アプリ上でバーコードを表示させます。
  3. 店員さんにバーコード読み取ってもらえば支払い終了です。

ファミペイは、電子マネーという事なので事前にお金をチャージするシステムとなっています。

ファミペイを使うメリット、デメリットを紹介

 

ここからファミペイを使う事でどんなメリットがあるのか、またデメリットは何なのかを解説していきます。

ファミペイを使うメリット、デメリットまとめ

メリット
  • 現金を出す手間がなくなる
  • ポイントカードを別途に提示する必要がなくなる
  • 独自クーポン発行でお得に買い物が可能
  • バーコード決済なので携帯の機種を気にせず使える
  • ネット通販サイトKaema(カエマ)でお得に買い物することができる
デメリット
  • 他社サービスよりポイント還元率が低い可能性がある
  • 使えるお店が少ない

では詳しく紹介していきます。

ファミペイを使うメリット

ファミペイを使うメリットは、大きく分けて4つです。

現金を出す手間がなくなる

小銭を表すイメージ画像

これは、ファミペイでなくモバイル決済アプリ全般で言えることですが、現金を用意する事無く会計を済ませることができることは、モバイル決済を使う大きなメリットです。

特にコンビニは、細かい金額の決済、利用客が多くレジが混雑しやすいといった条件で会計をすることが多い店舗です。

上記に挙げたような状態での会計で小銭を準備するのは、「1円単位が細かくて小銭出すのめんどくさい、早く会計しないと後ろの人に悪い」など考えてしまい、ストレスになることが多いです。

しかしファミペイを使えばアプリ上でバーコードを表示し提示するだけでストレスフリーで会計できることでしょう

これだけで大きなメリットになります。これだけでは、他のお店でも使用できる他のモバイル決済でいいことです。

しかし、ファミリーマートでファミペイを使う大きなメリットがあります。それは、次で紹介するポイントカードの提示がいらないという機能です。

ポイントカードを別途に提示する必要がなくなる

ポイントカードが沢山あるイメージ画像

ファミペイアプリ上で表示できるバーコードは、ポイントの付与と決済を同時に行うことができます

これは、とても凄いことでファミリーマートでの買い物を劇的に便利にするはずです。

現在ファミリーマートで使えるモバイル決済アプリは、4つありますがどれもポイントを貯める際、別途Tポイントカードをプラスチックカードやモバイルアプリ上で提示しなくては、いけませんでした。

しかし、ファミペイでは、バーコードを提示するだけでポイント付与そして支払いまでが可能になります。これは、ファミリーマートでファミペイを使う大きなメリットになるでしょう。

またポイントカードを出すのが億劫だから出すのを辞めようといったことも少なることが予想されるので今まで以上にポイントが貯まりやすくなることでしょう

2019年11月からは、dポイントや楽天ポイントも導入する計画も発表されているのでとても期待できます。

レジの店員さんによるオペレーションも少なくなるのでレジでの会計も間接的に早くなると期待されます。

独自クーポン発行でお得に買い物が可能

クーポンのイメージ画像

ファミペイアプリ上では、おすすめ商品のクーポンや楽しみながら買い物できるコンテンツを用意するようなのでお得なクーポンが配布されています。

現在ファミリーマートでは、ファミマTカード提示で20円引きなどを行っていますが、この割引がクーポンになって採用されると予想もできます。

同じくモバイル決済であるメルペイでは、ファミリーマートのコーヒーが11円などのクーポンも配布もされているのでメルペイクーポンと同じインパクトあるクーポンが来てもおかしくないですね。

高い割引のクーポンが出れば出るほど、ファミペイを使うメリットは大きくなりそうです。

バーコード決済なので携帯の機種を気にせず使える

Felica機能を必要とする非接触型の電子マネー方式を使った決済の場合使用できるスマートフォンの機種が限られてしまいます。

このことからファミペイは、バーコード決済方式を使っているため機種に関係なく誰でも使える事は、大きなメリットです

ネット通販サイトKaema(カエマ)でお得に買い物することができる

ファミペイは、ネット通販サイトであるKaema(カエマ)でも使う事が出来ます。

そしてKaema(カエマ)では、ファミペイを使う事でほとんどの商品を特別割引価格で買う事が可能です。

f:id:cashlesstarou:20190701003002j:plain

出典:ソファーカバー 3人掛け 2人掛け 肘付き 肘なし 伸縮 北欧 ソファー カバー ストレッチ [お得なソファカバー【数量限定】2WAYニットフィットカバー リ・フィット 2人掛け/3人掛け用] 肘つき 肘あり【訳あり】(ml-ke-3p) | ネット通販「Kaema(カエマ)」

こちらの商品を例にとって見ると通常価格2980円なのに対してファミペイで支払いをおこなうと500円引きの2480円で買う事ができます。

このように殆どの商品がファミペイで支払うと安くなり大変お得です。

またKaema(カエマ)で行われるファミペイを使用すると最大半額になるセールにも参加できるようになります。

Kaema(カエマ)をよく使うこれから使ってみたいといった方には、大きなメリットになるでしょう。

ファミペイを使うデメリット

ファミペイを使うデメリットは、基本的にありませんがファミペイを他のモバイル決済アプリと比較した際にデメリットとなりうる物を紹介します。

登録をするデメリットは、ないですが実際に実用的であるかは、このデメリットを参考に考えるとわかりやすいかと思います。

他社サービスよりポイント還元率が低い

ファミペイの還元率は、0.5%ですがYahoo!JAPANカード使ったPayPayを使えば3%還元を得ることが出来ます。

Yahoo!JAPANカードを持っている人は、PayPayを使った方が還元率の点では、得をします。

その他のサービスとは、還元率は、0.5%なので特に変わりません。

現在ファミリーマートで利用できるモバイル決済アプリの還元率をまとめると次の通りです。

決済サービス名 ポイント還元率 備考
楽天ペイ 0.5% 楽天カードと連携で1.5%
d払い 0.5%  
PayPay 0.5% Yahooカード支払いで3%
LINEPay 0.5% 7月31日まで3%還元


現状多くのサービスのポイント還元率は、0.5%ですね。

Yahoo!JAPANカードを使ってPayPayを使っている人以外には、特に大きな問題には、ならなそうです。

しかし、現状ファミリーマートでの支払いは、キャンペーン中のLINEPayを使うのが最もお得ですね。

使えるお店が少ない

使える店舗が少ないことを表すイメージ画像

現状ファミペイを使えるお店は、ファミリーマートとネット通販サイトKaemaで使うことができます。

ファミペイは、事前チャージ式の電子マネーなのでファミリーマートで使用する際ファミペイにチャージしておく必要があります。

そうなると使えるお店がファミリーマートしかないのは、致命的です。

事前チャージ式の電子マネーはいかに使えるお店が多いかが普段使いのポイントになると考えられます。

例を挙げると交通系ICカードですが交通系ICカードは、現状使える店舗が沢山ありますそして電車やバスでの移動時にも使う事が可能です。

使えるお店が多い=使える機会が多いなのでお金をチャージする際に「色々な所で使えるし少し多めにチャージしておくか」という心情になりやすいです。そうすると電子マネー内に常にお金がチャージされている状況が作られます。

この常にお金をチャージしておくという状況は、電子マネーを普及させる上で重要な部分になってくると考えられます。

使えるお店がファミリーマートしかないファミペイは、交通系ICカードなどと比べた時に使い勝手という面では、大きなデメリットになるでしょう。

また、ファミペイの中にある残高が中々使われずお金としての流動性を失ってしまうことも普段使えるお金が少ない人には、デメリットになってくるでしょう。

しかしファミペイを使う強烈なメリットがあればこの問題は、クリアできそうです。

まとめ

ファミペイについて簡単にまとめます。

  • ファミペイは、ファミリーマートが展開する電子マネーサービス
  • ファミペイは、バーコード1つでポイント付与から支払いまでできる
  • ファミペイは、独自のクーポンが配布される
  • ファミペイを使うと通販サイトであるKaema(カエマ)で割引を受ける事ができる

ファミペイは、ファミリーマートをよく使う人には、必須のアプリになると思うのでぜひダウンロードして使ってみてください。

ファミペイアプリ

ファミペイアプリ

FamilyMart Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

モバイル決済を比較してみました、まだお気に入りのモバイル決済が見つかっていないのであればこちらを参考にしてみてください。

www.paydecashless.com