Pay de cashless!

キャッシュレスオタクの管理人がモバイル決済サービスを分かりやすく紹介していきます

Jコインペイとは?メリット、デメリットを解説【J-Coin Pay】

Jコインペイ(J-Coin Pay)ってなに?Jコインペイ(J-Coin Pay)を使うメリット、デメリットは?登録の方法は?

今回は、そんな疑問に答えます。

Jコインペイ(J-Coin Pay)は、大手銀行であるみずほ銀行が運営しているチャージ式スマホ決済サービスです。

しかし、「Jコインペイ(J-Coin Pay)は、決済サービスです」と言われても実際にどんなことができるのか情報が少なくて分からないですよね。

これからJコインペイ(J-Coin Pay)を使ってみようという方に向けて他のLINEPayやPayPayといった決済サービスと何が違うのかといったことを紹介していきます。

 

結論から紹介するとJコインペイ(J-Coin Pay)は、2019年5月現在使えるお店は、まだありません。

現在できることは、他人への送金、Jコインペイ(J-Coin Pay)提携銀行間の資金移動です。

しかし、この提携銀行間の資金移動がJコインペイ(J-Coin Pay)の最大の魅力で提携銀行間のお金の移動であれば手数料が掛らず口座間でお金を移動することができます。

 

ここから先は、そんなJコインペイ(J-Coin Pay)の事を詳しく紹介していこうと思います。

 

Jコインペイ(J-Coin Pay)とは?みずほ銀行が運営するスマホ決済サービス

f:id:cashlesstarou:20190521225922j:plain

出典:J-Coin Pay - あなたのスマホに、ATMを。

Jコインペイとは、みずほ銀行が運営するチャージ式スマホ決済サービスです。

提携銀行の口座からJコインペイへの入出金(お金のチャージ)ができます。

Jコインペイへチャージしたお金は、家族や友達、知り合いへQRや電話番号、LINEを使って送金したり、加盟店でQRコードによる決済で商品購入が可能です。

 

提携銀行への入出金、友達などへの送金は、手数料0で行うことができます。

 

またチャージ式スマホ決済サービスなので提携銀行の口座を持っていればクレジットカードがなくても登録できます。

Jコインペイ(J-Coin Pay)の登録方法は?提携銀行の口座を持っていれば簡単にできます

Jコインペイに実際に登録してみたので今回は、Jコインペイに登録する方法も紹介します。

Jコインペイに登録する手順は、以下の通りです。

  1. Jコインペイのアプリをダウンロードする
  2. 端末認証のため電話番号を入力する
  3. 会員情報を登録する(名前、住所等)
  4. 入出金用の銀行口座を開設する

この4ステップですぐに使えるようになります。簡単ですよね。

登録手数料は、無料なので安心してください。

写真を交えて細かく紹介していきます。

Jコインペイ(J-Coin Pay)の登録方法を紹介

1.まずは、アプリをダウンロード

まずは、Appleストア、GooglePlay等でアプリをダウンロードしてください。

Jコインペイ

J-Coin Pay

Mizuho Bank, Ltd.無料posted withアプリーチ

Jコインペイアプリを最初に起動した時に出る画面

Jコインペイのアプリをダウンロードすると次のような画面が出るのではじめるをタッチしましょう。

 

2.端末認証のため電話番号を入れよう。

Jコインペイアプリで端末認証を求められている写真

Jコインペイを使うためには、端末認証する必要があります。

現在使用している電話番号を入れて認証番号を入手しましょう。

 

3.会員情報を入力しよう(名前、住所等)

Jコインペイアプリで会員情報を入力している画面

Jコインペイを使うためには、会員登録が必要なので個人情報を入力してください。

名前や住所を入れるだけなので入力する情報は、少ないです。

 

4.銀行口座を登録しよう

 

Jコインペイアプリで銀行口座を登録する時に出る画面

次にお金を入出金する銀行口座を登録しましょう。

登録の際に通帳を用意しておくと楽です。

現在提携している銀行は、次の項で紹介します。

ここまで完了すれば、Jコインペイの登録は、完了です。

入力する項目が多く面倒くさそうに見えますがやってみると意外と簡単ですので気を重くせずやってみてください。

 

Jコインペイ(J-Coin Pay)チャージの仕方

Jコインペイアプリのホーム画面

ホーム画面で右したのチャージボタンをタッチすることでチャージ可能です。

 

現在のJコインペイへのチャージ方法は、銀行口座からチャージする方法のみになっています。

 

Jコインペイアプリチャージ画面

登録した銀行から使いたい銀行を選んでください。

 

Jコインペイにチャージする時に出る画面

Jコインペイへのチャージは、簡単で登録した銀行口座からチャージしたい額を入力するだけでOKです。

Jコインペイ(J-Coin Pay)に登録できる提携銀行は?現在40行でこれから拡大予定

現在登録できる銀行は、以下の40行です。今後は、60行ほどまで拡大していくようです。

北海道

北海道銀行、北洋銀行

東北

みちのく銀行、北都銀行、荘内銀行、山形銀行、東邦銀行、福島銀行

関東

みずほ銀行、群馬銀行、足利銀行、筑波銀行、千葉興業銀行、東和銀行、栃木銀行

中部

第四銀行、北陸銀行、富山銀行、三重銀行、大光銀行、富山第一銀行、第三銀行

近畿

滋賀銀行、京都銀行、紀陽銀行

中国

鳥取銀行、山陰合同銀行、中国銀行、広島銀行、山口銀行、トマト銀行、もみじ銀行

四国

百十四銀行、伊予銀行、四国銀行、愛媛銀行、高知銀行

九州

肥後銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行

 

銀行のラインナップは、地方銀行が多く提携している印象を受けます地方に強いことが強みの一方ネット系銀行に対応していないのが弱みだと感じます。

楽天銀行やソニ―銀行といったネットの銀行しか持っていないといった方には、使えないのがネックになりそうです。

Jコインペイ(J-Coin Pay)が使えるお店は?現在は、ありません

お店の袋の写真

Jコインペイが使えるお店は、現在ありません

これから使えるお店を増やしていくようですが2019年05月現在使えるお店は、ありません。

なので現在Jコインペイでできることは、他人への送金、銀行間の資金移動のみです。

 

しかし、プレスリリースによると現在22社の企業が活用や連携を検討しているようです。

使えるお店について詳しいことは、こちらをご覧ください。

www.paydecashless.com

Jコインペイ(J-Coin Pay)を使うメリットは?手数料なしで銀行間でお金を移動できること

モバイル決済アプリは、LINEPay、PayPayを始め銀行系もはまPayとかがあるけどJコインペイを使うメリットは、なにか紹介します。

Jコインペイを使うメリットは、以下の通りです。

  • 口座間の資金移動の手数料が0

  • 他人への送金が簡単で手数料0で即現金化可能
  • 操作が簡単

ここからは、細かくメリットを紹介していきます。

口座間の資金移動の手数料が0で簡単に資金移動が可能

口座間の資金移動が圧倒的に便利です。

Jコインペイは、手数料0でチャージや銀行口座にお金を戻すことが可能です。

 

つまりA銀行のお金をB銀行に移したいそんな時は、1度A銀行からJコインペイにお金をチャージしてB銀行の口座に手数料0で戻すことができます。

Jコインペイでお金を移動しているイメージ画像

Jコインペイ(J-Coin Pay)でお金を移動しているイメージ画像

JコインペイアプリがATMのような役割をしてくれるという訳です。

Jコインペイを使えばあなたは、ATMからATMへの移動費や口座振込手数料を払うことなく口座間でお金を移動することが可能なのです。

 

もしあなたがJコインペイと提携している銀行を2つ以上持っているのであれば今すぐダウンロードするべきでしょう。

口座間移動手数料0これは、LINEPayなど他のモバイル決済が持っていないJコインペイの大きな特徴の1つです。

他人への送金が簡単で手数料0で即現金化可能

Jコインペイは、他人への送金がQRやlineで簡単に行えます。

さらにJコインペイは、貰ったお金を口座に戻すことで手数料0で簡単に現金にすることができます。

PayPayなどを例にとると他人への送金は、Jコインペイ同様簡単ですがLINEPayでは、貰ったお金を現金にすることは、できずあくまでPayPay内のお金としか機能せず現金に戻すことは、不可能です。

LINEPayは、セブン銀行のATMを使って現金化できますが手間がかかる上に216円手数料がかかります。

このことを考えると現金をメインに使っている友達への送金は、Jコインペイ一択でしょう。

今すぐお金送金して欲しいけど現金で欲しいから口座振込して!

じゃあJコインペイで送金するよ、あげる手数料0で口座にお金を戻すことができるから口座振込よりお得で早いよ!

操作が簡単で分かりやすい

Jコインペイは、操作が簡単で使いやすいです。

Jコインペイのホームも次のようにシンプルで直感的に操作ができます。

Jコインペイアプリのホーム画面

文字も大変使いやすいです。

Jコインペイ(J-Coin Pay)のデメリットは?

メリットもありますが、デメリットに感じる部分もあります。

主にデメリットになる所は、以下の通りです。

  • 使えるお店がない
  • ネット系銀行は、提携していない

やはり現在は、使えるお店がなく単なる資金移動アプリとしてしか使い道がない所が寂しいですね。

また加盟店が増えてもポイント還元などがない場合は、他のPay系アプリと比べて使うメリットが薄れてしまいそうです。

 

提携銀行として地方銀行の数は、多い物のネット系銀行が使えないのは、大きなデメリットだと感じます。

しかし、ネット銀行は、振込手数料0で振込めたりするのであまりJコインペイの恩恵を受けることがなさそうというのも事実です。

 

まとめ Jコインペイ(J-Coin Pay)は、便利な送金アプリ

Jコインペイは、手数料0でお金を口座間、他人間で移動させることができる便利な送金アプリのような立ち位置です。

まとめると

  • 提携銀行の口座を持っていればクレジットカードがなくても登録可能
  • 登録、チャージ、送金手数料は、無料
  • 他人への送金もQR、LINE、電話番号と様々な手段で簡単に送れる
  • いずれ加盟店でQRコード決済が可能

Jコインペイは、加盟店、提携銀行が増えていけば使用者数は、自然と増えていくと思います。

また他のLINEPayやPayPayといった他の決済アプリとは、一味違った送金をメインにしたPayアプリなので今後の展開から目が離せません。

今回の記事で利用している画像はJ-Coin Pay、iPhoneアプリの物を使用しています。
参考URL→iPhoneJ-Coin Payダウンロードページ

使えるお得なモバイル決済アプリを探しているならばOrigamiPayがおすすめです。

OrigamiPayとはなにか知りたい方は、こちらを参考にどうぞ

www.paydecashless.com